沿革

平成29年6月現在

1959 鹿児島県支部設立準備
1960 5月:日本看護連盟の支部組織として鹿児島県支部設立
1970 日本看護連盟鹿児島県支部総会
協議会役員は各部会支部役員の推薦により正会員の中から選出
幹事の選出人員の改正(保6名、助4名、看8名)
1974 会館建設資金カンパ実施
1975 看護研修会館設立資金計画ならびに事業計画書を鹿児島県に提出
1976 社団法人鹿児島県看護協会会館設立準備委員会 開催
1977 5月:研修会館建設について知事交渉
1979 1月:研修会館建設に関するプロジェクトチーム結成
3月:看護協会が社団法人として県知事の認可を受ける
この年に、協会と連盟が明確に区別される
1981 研修会館 落成式
1982 広報誌「連盟鹿児島」 創刊
1986 九州地区日本看護協会
看護連盟支部長会議
各種職能委員会合同会議 開催
1992 第16回参議院議員選挙 南野知恵子(鹿児島比例区候補者)当選
1993 鹿児島支部規約改正
1996 南野知恵子 労働政務次官として「ハローワーク鹿児島」視察
1998 第18回参議院議員選挙 南野知恵子参議院議員 再選
1999 九州地区リーダー研修会
2004 第20回参議院議員選挙 南野知恵子参議院議員 三選
2005 リフォーム連盟
・県内8支部を作り、県役員体制が変わる
・日本看護連盟新体制に伴い、日本看護連盟鹿児島県支部から
 鹿児島県看護連盟へ名称変更
 合わせて鹿児島県支部長から会長へ呼称変更
九州ブロック会議 開催
事務所を山下町ボクエイビルに移転
広報誌「かんごれんめい」発刊
2007 県キャッチフレーズ「笑って楽しくネットワーク」
2008 1月:鹿児島県看護連盟ホームページ開設
会費2000円から3000円へ
県内8支部へ10支部へ
2009 青年部 発足
県内10支部から11支部へ
2010 看護政策推進集会
南野知恵子「感謝のつどい、叙勲を祝う会」
2011 県議会議員と県及び新役員の意見交換会開催
組織編成(政策委員会、組織強化委員会、広報委員会、青年部委員会)
2012 OB会 発足
2013 推薦委員会発足
2014 支部合同で構成されるブロック制を導入
第2回九州ブロックポリナビワークショップ 開催
2015 鹿児島県看護連盟50周年記念誌 刊行

歴代会長

1959〜1962 白男川シズエ
1963〜1964 前田 コト
1965 岩元シヅ子
1966〜1967 高附 アキ
1968 岩元シヅ子
1969〜1970 中島 フキ
1971 岩元シヅ子
1972〜1973 高附 アキ
1974〜1976 大垣キミヨ
1977〜1986 河野 ナミ
1987〜1990 田中 ユリ
1991〜1996 石踊 陽子
1997 徳丸垂水子
1998〜2001 橋本 綾子
2002〜2003 今井 洋子
2005〜2010 川口ひろみ
2011〜2016 小原 圭子
2017〜 德永 龍子

*2005年までは「支部長」

Back to Top