看護連盟とは

日本看護連盟は、社団法人日本看護協会を母体としています。
日本看護協会は「質の高い看護の提供」を目的に、会員への教育や福利厚生等支援活動を通じて看護水準の向上を図るため、昭和21年(1946年)設立されました。
そして看護協会の政治活動を行う目的で昭和34年(1959年)10月、政治団体である日本看護連盟が設立されました。
以来、看護協会は政策提言、看護連盟は政治活動と役割を分担しながら協同して活動しています。

看護連盟とは

連盟の目的

看護職は保助看法に基づく国家資格であり、医療法等の法律と関わりながら日々働いています。 法律は、国政の場でしか制定・改正はできません。また看護職の働く環境が整っていないことには、国民の健康を支えることはできません。 それらを踏まえ、これまでの活動で育児休養法の制定、看護職の給与・夜勤手当の値上げ等を実現してきました。 そして現在、看護職を含め国民ひとりひとりが安心して医療・介護を受けられる社会づくりには組織一丸となった政治活動が必要不可欠となっています。 そこで看護連盟では、

  • 現場からの意見の集約
  • 政策に関する研修会の開催および企画
  • 看護職議員に対する支援
  • 議会や行政への働きかけ

等の活動を通して、看護協会の目的達成に必要な政治活動を行いながら、国民の健康と福祉の向上に貢献することを目指しています。

連盟の目的

Back to Top